コラムCOLUMN

相手にオープンになってもらうには?

COLUMN

こんにちは。

質問型コミュニケーション協会、安井です。

 

今回は会話の中で相手との関係を縮めていくのに、

「質問してたくさんはなしてもらおう」という意識の強い人が、

時々起こしてしまう”うまくいかないパターン”についてお伝えします。

 

ただ、一生懸命に相手に質問をして聴こうと思っているんだけど、

どうも相手が打ち解けて、心を開いてくれている感じがしないんだよな~、

ということもあるかもしれません。

せっかく頑張っているんだから、うまく関係を築きたいですよね。

そんな時に、起きてしまっていることを解説します。

例えばこんなケースです。

 

「学生時代は部活とかやっていたの?」⇒「はい」

「何部?」⇒「テニス部です」

「テニスかいいよね~、成績はどうだったの?」⇒「一応、市で3位でした」

「市で3位?すごいですね~、じゃあ相当うまいんじゃない?」⇒「いえいえそれほどでも」

「今でもやるのかな?」⇒「時々やりますよ」

「それはいいね~、今度私にも教えてよ」⇒「そうですね」

という感じです。

 

この会話自体は、よくありそうではあると思うんですが、

なんとなく相手が心を開いてくれている感じはしないですよね?

 

せっかく頑張って相手と距離を縮めようとしているのに、

こんな感じだと、こっちもがっかりしてしまいますよね。

 

同じような会話をするにしても、ちょっと意識をするだけで、

もっと心を開いてくれるコツをお伝えしますね。

 

それは、相手の”何を質問して聴くのか?”ということがポイントであり

答えは、”相手の考え方や感情といった内面”を質問するということなのです。

 

先ほどの例をもう一度みてください。

「学生時代は部活とかやっていたの?」⇒「はい」

「何部?」⇒「テニス部です」

「テニスかいいよね~、成績はどうだったの?」⇒「一応、市で3位でした」

「市で3位?すごいね~、じゃあ相当うまいんじゃない?」⇒「いえいえそれほどでも」

「今でもやるのかな?」⇒「時々やりますよ」

「それはいいね~、今度私にも教えてよ」⇒「そうですね」

 

いわゆる出来事、事実、状況といったことばかりで、

実は相手の内面については全く触れていないんですね。

そのために、それなりの関係性は出来るかもしれませんが、

実際に心をオープンにしてくれていないのです。

というか、この質問だけではオープンにならないのです。

 

オープンになってもらうとは「心を開いてもらう」ことですよね。

だから、心に向かった質問をするのです。

たとえば、ですがこんな感じです。

「学生時代は部活とかやっていたの?」⇒「はい」

「何部?」⇒「テニス部です」

「テニスかいいよね~、成績はどうだったの?」⇒「一応、市で3位でした」

「市で3位?すごいね~、3位になって(気持ちは)どうだった?」⇒「悔しかったです」

「そっか~、悔しかったんだ~、何が悔しかったの?」⇒「そりゃ勝ちたかったですから」

「そりゃそうだよね~、どうして、そんな勝ちたかったの?」

⇒「いや、その時は、自分でもびっくりするくらいに練習したんですよ、というのも、、、、(つづく)」

という感じで、相手の話す量が増えてきたら、

それは=心を開いてきたという証です。

 

ですから、意識的に出来事、事実、状況を聴いたら、

その時に

どんなことを感じていたのか?

どんなことを思っていたのか?

どんなことを考えていたのか?

という内面へ向けた質問をするのです。

 

「これを読まれて、どんなことを感じましたか?」

⇒これが大切です(笑)

 

ということで、相手の考え、思い、感情を質問していく、

ということを意識してみてくださいね。

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

ご意見やご感想、ご質問がございましたら、こちらより、

お気軽にお寄せくださいませ。

可能な限り、メルマガや当コラム、youtube等にてお答えさせていただきます。

メルマガ登録はこちら