講師紹介TEACHER

質問型コミュニケーション協会 認定講師一覧

  • 安井匠

    安井匠

    質問型コミュニケーション協会代表理事

    • 質問型コミュニケーション認定トレーナー

    質問型営業認定コンサルタント
    伝え方ラボ認定講師

    大学卒業後、営業マンとして8年間勤務の後、転職。新規開拓営業を担当するが、全く成果を上げられず、営業先、及び会社内でも、人とコミュニケーションをとるのが怖くなる。
    ついには出社が出来なくなってしまい”うつ病”により休職

    その後、協会創立者である青木毅のコーチングを受講。自分自身とのコミュニケーション力を高めることが、人とのコミュニケーション力を高めることを学ぶ。

    2006年 さらに人との対話力を高めるために“質問型コミュニケーション®”を青木の元で学び、認定コンサルタントとして活動。
    述べ700名以上、35,000時間を超える多種多様な人との個別セッションによって、相手が心地よくなる、心や頭がクリアになる質問型コミュ二ケーション力の素晴らしさを実感。

    その実感を元に「質問型コミュニケーション®」講師として、自社開催セミナーをはじめ、法務省・東京都・大阪府・岡山県等の自治体や企業へ講演・研修を実施。今年度の受講者は1,000名以上。
    さらに多くの方々へ広めていきたいという思いから「質問型コミュニケーション協会」の立ち上げに理事として参画。
    2019年5月より代表理事就任
    この「質問型コミュニケーション®」により、職場や家庭をはじめとした人間関係を変え、さらには受講者自身の人生を変えていくことをサポートします。

  • 林俊一

    林俊一

    • 質問型コミュニケーション認定トレーナー

    質問型営業認定コンサルタント
    日本イップス協会トレーナー

     安井よりご紹介

    協会創設者の青木毅の教えを誰よりも実直に体現し続ける。
    質問型の定着には欠かせない、またもっとも本質的な、セルフマネジメント力向上のためのマンツーマンコーチングにて、質問型を活用。

    今後は学生時代に打ちこんだ野球の世界においても、元西武ライオンズキャプテン石毛宏典氏らをはじめとする、その豊富な人脈や日本イップス協会のトレーナーとしての経験も活かし、スポーツトレーナーに質問型を取り入れるために活動中

    1958年 千葉県銚子市生まれ

    大学卒業後、都内百貨店勤務を経て、1983年、家業のお茶屋を継ぐべく帰省。
    1883年 (明治16年)創業、お茶、海苔、茶道具販売、林園製茶有限会社に入社
    2000年8月代表取締役、5代目店主になる。
    日々忙しく過ごすも、自分の日常に疑問を持ち、協会代表理事である青木毅の「あなたが変わる道標」を読み、コーチングを受講。すべては自分とのコミュニケーション力を高めることこそが自分の人生を輝かせてくれると確信。その後、すべての人間関係の基本である、質問型コミュニケーション®を青木から学び、学習と訓練によって誰もが効果的なコミュニケーションを身につけられることを実感し、認定コンサルタントとして活動を開始。

    個別セッション、質問型コミュニケーション講師として多種多様な方々と触れ合う中、皆がいきいきと自分らしくなれることを実感。また受講者の方から、「これを学べば世界が平和になれると思いました」というフィードバックをいただくことで質問型コミュニケーションの素晴らしさを確信。

    その実感を元に「質問型コミュニケーション®」講師として、自社開催セミナーをはじめ、地元銚子市、大阪吹田市、法務省の自治体に講演。
    この「質問型コミュニケーション®」により、職場や家庭をはじめとしたすべての人間関係を変えていくことで、受講者自身の人生を変えていくことへのサポート、又幼いころから慣れ親しんだ野球というものへの思いから、スポーツアスリートとその指導者の夢実現の為のサポートもしていきます。

  • 鈴木康之

    鈴木康之

    • 質問型コミュニケーション認定トレーナー

    質問型営業認定コンサルタント
    EEIノンバーバルコミュニケーション コミュニケーター
    日本プレゼン・スピーチ能力検定協会認定講師
    ファイナンシャルプランナー

     安井よりご紹介

    帝国ホテル勤務20年のおもてなし力や、保険営業にてMDRTを獲得した経験を生かした、言語に頼らないノンバーバルコミュニケーの専門家として、コンサルティングや研修講師をつとめる
    その中で、より豊かな人間関係を構築するため、質問型営業・コミュニケーションを取り入れる。
    現在は沖縄NO1のコンサルティング会社の専任講師として活躍中

    株式会社アーカス・インズ(印象力アカデミー)主席講師
    社団法人 日本プレゼン・スピーチ能力検定協会 講師
    株式会社リアライズ 質問型営業 コンサルタント
    ファイナンシャルプランナー

    ・1987年 帝国ホテル入社 客室やフロントなどの宿泊部門に所属後、法人営業を経験する。100年を超える日本を代表するホテルで20年間多くの国賓や来賓、世界的に著名な方々の接遇を担当し、本当のおもてなしの心を最前線にて学び、人とのつながりに興味をもつ。

    ・2007年 大手外資系生命保険株式会社入社、以降7年間営業コンサルタントとして活動しながらファイナンシャルプランナーとしてセミナー講師を行い営業スキル・マナー講師としても活動する。

    ・2014年 「印象力」を調査・開発する研修会社、株式会社アーカス・インズ入社、現在主席講師として、生命保険営業・弁護士・不動産営業・化粧品販売etc.数多くの業種にて研修実績あり。

    著書:『超・印象力「目と声と手の表情」の極意』
    (印象力アカデミー代表 亀田 直幹との共著)

    私は長きにわたり人と接することを仕事とし、人に興味・関心を持ちプライベートを含めて多くの方とコミュニケーションを取ってきました。
    そして人の喜びの笑顔や感動の涙に触れてきましたが、その中で人の悩みは人間関係に集約されます。それも「相手の気持ちがわからない」、「自分の気持ちが伝えられない」と実に多くの方が・・・

    それはなぜか?
    それは、相手に伝わっていないからです。伝えるためには言葉以外の『非言語コミュニケーション』、表現力が不可欠です。
    質問型コミュニケーションの中でも重要なポイントです。
    私は質問型コミュニケーション協会本部講師として、コミュニケーションを円滑にする「質問」を習得していただくだけでなく、感情が表れる表現力豊かなコミュニケーションを身につけ、みなさん一人一人が価値ある自分の魅力にも気付いていただきたいと考えています。
    結果、相手は価値あるあなたの魅力に気付き、お互いが心地よいコミュニケーションが取れるようになります。是非、質問型コミュニケーション協会で実現しましょう。

  • 亀田直幹

    亀田直幹

    • 質問型コミュニケーション認定トレーナー

    株式会社アーカスインズ代表取締役

     安井よりご紹介

    著書『超・印象力「目と声と手の表情」の極意』

    大手銀行・上場企業・保険会社マネージャーという様々な経験を積む、その中で組織が結果を出すためには、メンバーに力を発揮させる”リーダーの教育”が最も大事と考え、現在大手企業へのリーダーシップ研修・コンサルティングにて活躍中。
    創設者の青木毅からも「本当に質問型営業のことをわかっている」ということでPodcastにも出演

    株式会社アーカス・インズ(印象力アカデミー) 代表

    ・ビジョン「すべての人を、また会いたい人に。」
    ・ミッション「まだ見ぬ価値で成長と変化を実現する。」

    大学卒業後、大手都市銀行入し、主に法人向け取引を経験。

    2000年に大手流通会社に入社。人事担当マネージャーとして社員研修を企画する中で、コミュニケーション教育の大切さを実感。自ら心理カウンセラーの勉強を行い、社内だけでなく、国立大学職員向けなどにコミュニケーション研修を多数実施。

    2007年、外資系生命保険株式会社に入社。セールスマネージャーとして、人材採用・教育を行っていた中で、人の「印象力」を調査する手法開発。

    2014年、「印象力アカデミー」を設立し代表に就任(現職)。

    2016年、質問型営業コンサルタントとして企業をメインに担当。

    2017年、質問型コミュニケーション協会講師となる。

    著書:『超・印象力「目と声と手の表情」の極意』
    ((印象力アカデミー代表 鈴木康之との共著)

    人が成長したり、課題を克服したりするためには、なんでも話せる相談相手の存在が重要です。やはり一人の力には限界があります。私自身も一人では判断に迷うことが多いので、いつも仲間に相談して助けてもらっています。

    ストレスの高いビジネスシーンでは、リーダー(上司)がその役割を担っています。部下の本音の思いや考えをしっかり聞いてくれるリーダー(上司)は、安定的で高いパフォーマンスを実現します。そんなリーダー(上司)達をフォローすることが私の使命だと考えています。

  • 菅野雅次

    菅野雅次

    • 質問型コミュニケーション認定トレーナー

     安井よりご紹介

    元々、質問型営業塾の受講生。自社の業績拡大のため、自身と社員への質問型浸透のために、受講後も5年以上、早朝勉強会にて、実践練習を行い続け、業績拡大。


    その間、地域密着型の電器店をさらにグレードアップさせ「おうちまるごと笑顔のために」を掲げ、住まいのあらゆるお困りごとを退治する!店舗として生まれ変わり、NHKでも特集として取り上げられるほどに。


    その経験から、「仲間に質問型を伝えたい」ということでトレーナー講座も受講し、他の業績拡大を望んでいる電器店(東京・大阪・奈良・新潟・岡山等)で講座を開催。「私が教えた人には、必ず結果が出るまでフォローし続ける!」という信念のもとに、現在も電器店ならではの質問型実践会を月1回主催。

    工業高校卒業後 松下幸之助商学院で1年間 後継者としての基礎を学び 電器店2代目として家業を継ぐ

    2009年 1人目の社員そして2012年に2人目の社員を採用する。社員の育て方もわからないまま それでも何とか共に育っていこうという想いで 早朝勉強会を毎週2回開催 究極の営業プログラムに取り組む。

    2年間続けたが思うように実績があがらず悩んでいるときに 2015年4月に質問型営業と出会う。“誰でも3ヶ月で身につけることができる”という言葉を信じて営業塾に入り 社員と共に学ぶ。

    営業塾が終わるころには、これからの実績に対する確信を持ち、この質問型営業を 同業の人たちに伝えたくなった。営業塾でいつも言われていたのが、「営業とはコミュニケーションです。」ということコミュニケーションを伝えることで 同時に営業力も上がっていくということに気づく。

    さらに多くの方々へ広めていきたいという思いから 質問型対話力認定トレーナー0期生としてトレーナー養成講座を受講。この「質問型コミュニケーション」により、職場や家庭をはじめとした人間関係を変え、さらには受講者自身の人生を変えていくことをサポートします。

  • 桜咲りえ

    桜咲りえ

    • 質問型コミュニケーション認定トレーナー

    クリスタルボウル演奏家
    チャクラ講座講師
    ブライトセッションセラピスト
    スポーツインストラクター(ルーシーダットン、エアロビクス、ラテン、太極舞、ストレッチ、ボールセラピーなど)

     安井よりご紹介

    スポーツインストラクターでの経験から、大人数で皆を引っ張るコミュニケーションに加え、特にマンツーマンセッションにおけるかくし味として質問型を身につけたことにより、より相手の深い思いを導き出すことが出来るようになり、自らが主催するさまざまワークショップ・講座・セッションの中に、この質問型コミュニケーションを取り入れている。

    大学卒業後、フィットネスインストラクターとして活動中、交感神経優位の生活にバセドウ病になり、
    それきっかけに自分の人生を色々と見直すことになり、離婚を決意。

    そんな中、クリスタルボウル(ヒーリング楽器)と出逢い、本来の自分を取り戻し、さらに世界が広がり、様々な学びを深めました。

    現在はハッピースパイラルメーカーとして
    『心と身体と魂の健康をサポート』
    をモットーにフィットネスインストラクターを続けながら、クリスタルボウル演奏、クリスタルボウルスクール、チャクラ講座、そしてオーラリーディングカウンセリングなどの各種セッションを行っています。

    講座やカウンセリングの最中に、もっと深いところに問題があるのがわかっていて核心に入っていきたいのに、質問がピンとこなかったりハマらなかったりして、残念な気持ちになったことがあり、コーチングに興味を持ちました。

    この質問型対話力認定トレーナー0期生としてトレーナー養成講座を受講したことによって、質問がスムーズになり、カウンセリングを心地良く進めることが出来るようになりました。
    その人の中にある答えを導き出し、より深く、本来の自分になるためのお手伝いができるようになったと実感しています!

    講座では、右脳派の方にもわかりやすく(私が右脳派なので気持ちがわかります)、さらに色んな沢山の人生経験を踏まえ、様々な視点から多角的にお伝えいたします。

  • 高瀬慎輔

    高瀬慎輔

    • 質問型コミュニケーション認定トレーナー

    専門学校教師
    糖尿病の運動療法
    コーチング

     安井よりご紹介

    これまで、介護施設の管理者として、また理学療法士として活躍
    現在は、日本リハビリテーション専門学校(東京)にて、理学療法を教える傍ら、生徒の進路相談などに、この質問型コミュニケーションを活用
    また医療業界でも、この質問型コミュニケーションの講座を実施し広めている

    大学卒業後、学習塾の講師として勤務。その後、理学療法士の資格取得を目指し専門学校に入学。

    2006年に理学療法士免許を取得し、8年間現場の理学療法士として勤務。しかし、自分が望んだはずの仕事にも関わらず充実感を感じることができなかったため、その8年間転職を繰り返し病院を転々とする。

    2013年 「自分が本当にやりたいこと」を見つけるために理事である安井のコーチングを受講。この受講を通して、「自分がやりたいこと」に気づけていなかったことが、仕事に充実感を感じられず転職を繰り返してきた原因であることに気付く。その後は理学療法士養成校の教員として勤務し、日々充実感を感じながら学生指導を行う。

    2015年から安井の元でさらにコーチングを学び、MLC認定コーチの資格を取得後、企業の社員研修など講師としても活動。コーチングを生かして人材育成にも関わる。

    現場の理学療法士としては、身体機能の改善以上に「こころ」の改善が必要であるという想いが年々強くなり、患者とのコミュニケーションの大切さを実感。また、コーチとしはクライアントと、教員としては学生と、あらゆる視点からコミュニケーションの重要性を再確認する。

    2016年に質問型対話力認定トレーナー0期生としてトレーナー養成講座を受講。この「質問型コミュニケーション®」により、職場や家庭をはじめとした人間関係を変え、さらには受講者自身の人生を変えていくことをサポートするとともに、医療業界における患者との円滑なコミュニケーションのサポートもしていきます。

  • たかつ美香

    たかつ美香

    • 質問型コミュニケーション認定トレーナー

    国家資格キャリアコンサルタント
    一般社団法人国際カラープロフェッショナル協会理事
    大学職員

     安井よりご紹介

    大学の就職課にて、学生の就職支援を行う中、講演や執筆(フジサンケイビジネスアイにも掲載2017年8月)も行っております。

    学生の就職カウンセリングに、質問型コミュニケーションを活用し、大切なのは学生を就職試験に「合格させること」ではなく、「本当は何をやりたいのか?」「学生にとって、本当に幸せな人生を歩むにはどんな仕事が良いのか?」ということを徹底的に、明確にする支援をすること

    国家資格キャリアコンサルタント
    一般社団法人国際カラープロフェッショナル協会 理事

    甲南女子大学卒業後、山一證券㈱入社。
    個人営業、人事採用担当として勤務。三菱UFJモルガン・スタンレー証券㈱へ転職後は法人営業スタッフを経験。
    未来を担う若手の人材育成に専念したいと考え、現在は大阪の女子大学にて、大学生の就職支援を行っている。

    2012年より、当協会理事安井によるミッションライフコーチングを継続的に受けることにより、自分の生き方を追求。ミッションとビジョンを定める。

    <ソーシャルミッション>
    いつも今、私に何が出来るのかを考えて行動し 私自身を高めていく
    みんなが生きていく力を持てるように 相手を認め、寄り添い、
    自分の可能性に気づいてもらうようリードする

    <ビジョン>
    みんなが自分で自分の幸せの形を決められる社会

    このミッション、ビジョンを認め実現するために、質問型対話力認定トレーナーと
    なって、ひとりひとりと人づくりを目指して支援していきます。

  • 堀口隆広

    堀口隆広

    • 質問型コミュニケーション認定トレーナー

    事業継承協会会員
    堀口コンサルティング代表取締役

     安井より一言

    「事業継承」を専門分野としてコンサルティング活動を実施。一般社団法人事業継承協会埼玉支部にて、同業のコンサルタントや、銀行職員等に質問型コミュニケーションを活用し、社長様の”本音・本心”を引き出す大切さを説いていらっしゃいます。

    株式会社 堀口コンサルティング 代表取締役 事業承継士
    埼玉県こしがや企業応援プラットフォーム コーディネーター

    地域の中小企業向け事業再生、事業承継、人材育成および経営コンサルティングを行う。
    基本理念は、「中小企業の自立支援を通じて、地域と家族を幸せにする」。

    1963年 京都府京丹後市生まれ。

    大学卒業後、国内大手成形加工メーカーへ入社し、自動車メーカー等の営業、海外子会社勤務等を経て、フィンランド通信部品メーカー日本支社に転職。支社長を経験するも、リーマン・ショックで2009年に同支社を閉鎖。

    2012年 さいたま市の経営コンサルティング会社で修行後、株式会社堀口コンサルティングを設立、代表取締役就任。

    2016年 質問型コミュニケーションに出会い、質問型対話力認定トレーナー0期生としてトレーナー養成講座を受講。

    自身の中小企業向けコンサルティングの経験および質問型コミュニケーションの提供するノウハウを統合し、中小企業経営者とのコミュニケーションに特化したプログラムを作成。

    中小企業を支援する税理士等士業の方、金融機関の方、コンサルタントの方、他商工団体等支援機関の方々を対象に、中小企業が抱える真の経営課題を抽出し、その課題解決につながるコンサルティングの提供が可能となるようにサポートいたします。