コラムCOLUMN

承認する力、5つの切り口を使いこなす

COLUMN承認スキル

”共感”の上位概念にある”承認”

質問型コミュニケーションでは、
「好意」-「質問」-「共感」という形を
お伝えしていますが、
実際には、
「好意」-「質問」-「承認(共感)」
だということを覚えておいてください。

つまり、
「共感」できなくても、相手を
「否定しない」「認めてあげる」
ということが大切だということです。

つまり「共感」だと、
共感してあげられないので、
相手の言葉を受け止められないとなってしまいますが、
共感よりも上位概念として「承認する」
だと、共感はしてあげられないけど、
相手がそう思っているんだということを
「わかってあげる」ことが出来るのです。

「承認するとは?」

この「承認する(認めてあげる)」とは、
ひとくくりに「承認する」といっても、
実は、内容は、次のように分解して考えられます。

1.褒めてあげること
2.ねぎらってあげること
3.わかってあげること
4.受け止めてあげること
5.感じ取ってあげること

この5つを
しっかりと使いこなせるようになることで、
相手の心の中に
「認めてもらえた、受け止めてもらえた」
という安心感がうまれ、
なんでも本音を話してくれるようになるのです。

動画で実践してみました。

動画で観れない方もいると思うので、

では、この5つの事例です。

例えば、
「試験に受かりました!」
なんて相手が言ったときに
こんな風に使い分けられると思います。

1.褒めてあげること
 「いや~それはすごいね~!よくやったね!」

2.ねぎらってあげること
 「頑張ったもんね~、ホントお疲れ様
(ご苦労様)」

3.わかってあげること
 「いや~、よかったね~、めっちゃうれしいね!
これで道が開けるね!
(自分のことのように、事実・考え・気持ち
を共感してあげること)」

4.受け止めてあげること
「試験受かったんだ!
(事実や、共感できなくても、相手がそう考えた、
感じたということを受け止めてあげること)」

5.感じ取ってあげること
「ホント苦しかった時もあったもんね~
(事実の奥にある、言葉にできない気持ち
をわかってあげること)」

という感じです。
言葉には、ほかにも例があると思いますが、
切り口として、これくらいあるということは、
覚えておいてよいと思います。

さらに効果的なダブル承認

そして、さらに、この5つを一つだけでなく、
組み合わせた「ダブル承認」
さらに、効果的と思います。

たとえば、

4+1
「試験受かったんだ!
いや~それはすごいね~!よくやったね!」

1+3
「いや~、それは、すごいね!
めっちゃうれしいね!これで道が開けるね!」


5+2
「ホント苦しかった時もあったもんね~、
でも、頑張ったもんね~、ホントお疲れ様(ご苦労様)」

等等

ちょっとこのように意識をしてみると、
相手により大きな安心感をもたらすことが、
出来るのではないかと思います。

ぜひ、日常生活やお仕事の中でも、
承認+さらに承認、
やってみてくださいね。



また、この内容に関する質問、
この内容とは関係ないけど、
こんな時どうする?といったご質問を
お待ちしてますので、
このメールにお気軽に返信ください。

それでは、最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆

ご意見やご感想、ご質問がございましたら、こちらより、

お気軽にお寄せくださいませ。

可能な限り、メルマガや当コラム、youtube等にてお答えさせていただきます。

メルマガ登録はこちら

※当協会の講座や、ここだけの最新情報やコラムの配信をしております。