コラムCOLUMN

頑固な人、矢継ぎ早に意見を言う人への対応法

COLUMN心構え

これっ、結構あるある!

みなさんも経験があるのではないかと思います。
私も、コーチングをしいる中で、
そう感じたことは、何度もありました。

一概には、言えないのですが
私が長い間コーチングをやっ
思うのは、
「頑固な人」も「矢継ぎ早に話す」人も
両方に
共通する対応法があると思っています。

というのも、実はこのような
コミュニケーションになってしまうのは、
あなたの中に理由があるかもしれないのです。

あなたの気持ちの中に

どんな理由かといいますと、
この悩みをお持ちの方の気持ちの奥に、
「相手を自分の思っいる方向に導きたい」
という気持ちがないでしょうか?
ここを点検してもらいたいのです。

もし、なかったとしも、
相手にそう感じさせしまっいないでしょうか?
ということです。


もし、、、これがあるのであれば、
いったん横に置いおく
ことをお勧めしたいと思います。

なぜなら、これをしないと、
相手から、
「ああ、この人自分のことわかっくれないな」
「こっちっ言わせたいんだな」
ということを感じさせしまい、
その結果とし、相手は、
自分の意見に固執したり(頑固)
矢継ぎ早に意見を言ったりする。

という可能性があるということです。

相手には相手の気持ちがある

相手には、相手の気持ちがあります。
あなたとは置かれいる立場や状況、
大切にしいるもの、価値観等、
すべが異なります。

また、自分の気持ちをうまく伝えられない、
そんなもどかしい思いをしいるかもしれません。

特に部下の場合は、上司とは持っいる情報、
いる景色に、大きな差があります。

ですから、その部下の視点や目線にたっ
まずは相手の言っいる内容、
その背景や奥にある気持ちというものを
しっかり引き出したり、感じ取ったりしながら、

「相手をわかっあげる」

ということを目指しみませんか?

それが出来ることによっ
返報性の法則にもありますように、
わかっあげる」から「わかっくれる」
ということが起きるのではないでしょうか?

私もコーチングしいると、
「なんでこの人わからないんだ?」
「なんでこの人いつもここに戻るんだ?」
「なんで、こんなにいろいろ話すんだ?」
なんことが多々ありました。

でも、この時の私の気持ちの奥には、
やっぱり、私のアドバイスしたようにすればいいのに、、、
という私の思うように動いくれないことへの
不満が、あるので、
不満をろこつに顔に出したり、
半分話を聴き流しいたり、
という態度に、いつの間にかなっしまっ
なあと思うのです。

相手は感じています

こういうことっ
やっぱり相手に伝わっしまうし、
見抜かれしまうんですよね。

もし、これを読んで心当たりのある方は、
ちょっと意識を横に置くようにして、
相手の状況をわかってあげることに
意識を集中してみてくださいね。


ということでいかがでしたでしょうか?
解決法のひとつとし、参考にしください。

また、この内容に関する質問、
この内容とは関係ないけど、
こんな時どうする?といったご質問を
お待ちしますので、
このメールにお気軽に返信ください


それでは、最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆

ご意見やご感想、ご質問がございましたら、こちらより、

お気軽にお寄せくださいませ。

可能な限り、メルマガや当コラム、youtube等にてお答えさせていただきます。

メルマガ登録はこちら

※当協会の講座や、ここだけの最新情報やコラムの配信をしております。