トレーナー養成講座COURSE

    質問型コミュニケーション協会認定
    質問型コミュニケーショントレーナー養成講座

    自社内で、あるいはお客様に、質問型を使いこなせるリーダーとして自身が出来るようになることはもちろん、周囲へ教えていくことが出来るトレーナーとして必要な知識やスキルを身につける講座です。
    一人一人の意思を尊重したコミュニケーションスキルを自社内やお客様に浸透させていきます。

    相手の望む結果の実現をサポートするための1対1の対話レベルを、一過性に終わらずに定着させるために、自身の成長とあり方を見直しながら、コーチレベルでできるようになる為のスキルとマインド習得していただきます

    取得資格

    質問型コミュニケーション認定トレーナー

    自社内、あるいはお客様先で質問型営業を実践・指導・研修を主催・運営することができるようになる資格です。

    こんな方にオススメ!

    • 社内のコミュニケーション体制を整え、会社全体のコミュニケーション文化を変えたい管理職・経営者の方
    • お客様先に質問型コミュニケーションのスキルとマインドを浸透させていきたいコンサルタント等

    受講することで

    ・誰でもチャレンジ出来る資格であり、自分自身が今後成長し続ける人になります
     ⇒人に教えられるようになること、それは最も自分自身が学びとなり成長するチャンスです

    ・これからの時代の必須スキルが身に付きます
     ⇒価値観の多様化の時代には、自分の経験や考えだけでは成り立ちません、多様化を受け入れ
      共に生きていく器を作ります

    ・一過性に終わらせない一生もののスキルとマインドを身につけます
     ⇒コミュニケーションは生きてきた年数分、習慣として根付いてしまっています。その習慣
      を無理なく変えるには、ある程度の期間と日数をかけてリバウンドなしの状態を作ります
    ・各トレーナーによる実践会に参加することで、あらゆる人とのコミュニティができます
     ⇒受講後も実践会により、継続学習とトレーニングを行うので忘れたり鈍ったりすることが
      ありません、また一緒に高め合える仲間とのつながりも出来ます

    ・業界の質問型コミュニケーションリーダーへの足掛かりができます
     ⇒あなたのキャリアや得意な分野を生かして、●●+質問型によるコンテンツ化

    ・副業・兼業キャリアとして、事業拡大としての活用ができます
     ⇒資格を生かして講師として、業界コンサルメニューとしての確立

    講座内容

    • 質問型コミュニケーション3つの原理
    • 「3つの原理原則」に沿った質問の仕方
    • 質問を生かす「好意と共感」
    • 認める、褒める、労うの示し方
    • 相手の本質を引き出す「3つの質問」
    • 「好意-質問-共感」のリズムとテンポ
    • 課題解決のための「質問の流れ」
    • 相手の「真の欲求と課題」の引き出し方
    • 相手の「納得感」を引き出す解決策の導き方
    • 人に寄り添うには、自分に寄り添うこと
    • あなたのリーダーとしての使命・役割は何か?
    • 講座の進め方
    • 期間
      16日間(約8か月)
      各日13時-17時
      ※合計64時間の学習と実技講習
      ※欠席回は動画でフォロー
    • 費用
      32万円(税別)
      ※課題解決力養成講座受講者は24万円
      ※資格認定を希望する場合 認定料として+30,000円(税別)
    • 受講資格
      どなたでも可

    お支払い方法は、指定口座へのお振込みとなります。

    日程

    <2020年 東京開催>各日13時~17時(予定)

    第1回 1月25日(土) 第2回 2月8日(土) 第3回 2月22日(土) 第4回 3月7日(土)
    第5回 3月21日(土) 第6回 4月11日(土) 第7回 4月25日(土) 第8回 5月9日(土)
    第9回 5月23日(土) 第10回 6月6日(土) 第11回 6月20日(土) 第12回 7月4日(土)
    第13回 7月18日(土) 第14回 8月22日(土) 第15回 9月5日(土) 第16回 9月19日(土)

    <2020年 大阪開催>各日13時~17時(予定)

    第1回 1月26日(日) 第2回 2月9日(日) 第3回 2月23日(日) 第4回 3月8日(日)
    第5回 3月22日(日) 第6回 4月12日(日) 第7回 4月26日(日) 第8回 5月10日(日)
    第9回 5月24日(日) 第10回 6月7日(日) 第11回 6月21日(日) 第12回 7月5日(日)
    第13回 7月19日(日) 第14回 8月23日(日) 第15回 9月6日(日) 第16回 9月20日(日)

    ※尚、出席できない場合は、東京⇒大阪、大阪⇒東京への振り替え受講か、zoomによるオンライン参加も可能です。
    また、動画を撮影しますので、動画でのフォローも可能です

    開催場所

    東京開催…都内近郊を予定しております
    大阪開催…新大阪~梅田あたりを予定しております
    ※開催2ヵ月前までには詳細を決定いたします。

    受講者の声

      
    • 40代 会社員男性

      40代 会社員男性

      2日間で自分自身の力を信じる大切さを学びました。自分を信じるその力が、今後受講していただく方へ質問型を伝えるパワーであり、さらに多くの人へ熱を伝えることができるのだと実感できました。
      コミニケーションを体系立てて学ぶことで、自分でも考えていなかった良いコミニケーションを育てることができました。さらに「自分自身とのコミニケーションの取り方」が、そのまま「他人とのコミニケーション」に影響を与えてしまうこともわかりました。と言う事は質問型コミニケーションを学ぶと自分を大切にし他人も大切にする人が増えるということですたくさんの人に広めて幸せを広めたいです。

    • 40代 会社役員女性

      40代 会社役員女性

      人の前に立って教える練習をしたのは初めてで、とても緊張したけど学べて最後はそれが気持ちよく自分の思い通りにできたと思う。自信を持ってできるようになった。
      一言で言えばこの期間良い時間を過ごせたと思う。受講する前日は毎回いい意味で緊張して、ここ最近で全くしてこなかった復習などもしてそれを乗り越えて達成する満足感も味わうことができました。私たちの出来ていないところを的確に指導してくださる安井先生には何度も感心しました。これからもミッションを信じてそのまま出し続けてください。細かく教えていただきありがとうございました。

    • 20代 会社員

      20代 会社員

      このような講座や勉強会に参加するたびに新たな気づきがドンドン生まれて来て、本当に参加して良かったと思っています。
      人前でレクチャーをして、お役に立てることは真の自分の喜びであるという気づきが得られました!あと人前に立つ度胸も身に付いたように思います。
      マニュアルの方も実際に講座を受けたときよりも一段一段階段を登るような形式になっていたため、受講生も非常にとっつきやすいのではないかと思いました。
      最初は「自分は本当に質問型コミュニケーションなんて出来るのか?」という状態からワークをしていくうちに知らず知らず高度なコミュニケーション力が身についているといった喜びが得られるような構成であるように思います。
      この2日間ですがやっぱりトレーナーとしてより多くの人のお役に立ちたいと実感できた期間でした!

    • 40代 教育担当者

      40代 教育担当者

      コミュニケーションへの考え方が大きく変化しました。自身のこれまで考えていたコミュニケーションは言葉のやりとりだけにすぎず、薄っぺらいものでした。
      質問型コミュニケーショントレーナー養成講座を受講したことで、毎日の自分以外の人へのコミュニケーションにも関心を持つようになり、なぜコミュニケーションが上手い人、上手でない人が存在するのか?を理解できました。
      コミュニケーションがトレーニングで上手になる、なれるという気づきは、私にとってかなり大きな気づきです。これからコミュニケーションを周りの人々に伝えていくことで、より多くの人たちにも同じ感覚を持って欲しいと思います。
      素晴らしい機会に出会えて良かったです!
      日々のコミュニケーションが訓練であることを忘れずにさらに高めていきます!

    • 50代 コーチ男性

      50代 コーチ男性

      講座を持ち、実施することが目的ではなく、いかに習得していくことにフォーカスしていくことが大切だと改めて思いました。
      今まで以上に成果ということに焦点を持って今後やっていきたい。
      受講者のレベルを見ながらやっていくことが大切、自分が受講者の気持ちになることが大切!

    尚、6名様以上の受講をお考えの企業様はお問合せください。 御社のスケジュールで開講することも可能ですので、お気軽にご相談ください。 お問合せはこちらから

    また、この講座では各専門分野のオリジナルスクリプト作成は行いません。基本となる当講座を受講いただいた後に、ご自身で作成いただくか、別途、協会認定講座としてカリキュラム、スクリプトを共同作成となります。

    お申込み